作業者

遺された遺族の負担を減らすために【生前整理の大切さとは】

死ぬ前の荷物の整理

生前整理は、自分が亡くなった後に家の中を見られても恥ずかしくないように、元気なうちから荷物の整理を行うことを言います。もう使わないものは処分をし、書類などの重要なものは遺族がすぐに分かるように整理をしておきます。

片付けをしたい方に

ここ数年、きちんと生前整理をして気持ちも部屋もきちんと整理したいという方が増えました。部屋を業者に頼んでキレイにする事で、自分自身も残された人もとても楽になります。業者は土日祝問わずいつでも営業しているので、生前整理したい時にいつでもできます。

自分の資産を整理しよう

女性

不用品を処分する断捨離

高齢化社会が進む今、是非取り組んでおきたいのが終活です。エンディングノートなどを利用して自分の理想の葬儀の形を考えたり、残された遺族の負担が軽減されるように、身の周りの品々などを整理しておく生前整理などがおすすめの終活です。元気な今のうちだからこそ出来る終活は、自分の人生を振り返る良いきっかけにもなるのです。特に元気なうちに行いたいのが生前整理です。生前整理とは自分の資産や身の周りの品々を、処分する物や相続する物など分かりやすく整理する事です。残された家族の為に一番に行いたいのが資産の整理です。資産には家や土地をはじめ、預貯金や有価証券などが含まれます。他にも、不動産の権利書や保険証券、骨董品などもあります。どんな資産があるのかそれはどこに保管してあるかなどを分かりやすく書類などに明記しておきましょう。自分だけでは整理出来ない場合は、弁護士や行政書士、司法書士などの専門家に依頼すると良いでしょう。また早いうちからコツコツ始めたいのが物の整理です。実はこの生活用品の整理が、残された家族にとっては重労働なのです。品物の価値なども分かりづらいので、貴重品などはしっかりと分別しておきましょう。家族だけで整理が難しい時は、生前整理業の業者に依頼するのも一つの方法です。しかし中にはモラルに心配がある業者もいますので、スタッフに生前整理アドバイザーや生前整理作業技能士がいるかなども業者選びのポイントとなるでしょう。生前整理を通じて自分の今までの生活を見直し、今後のライフスタイルをより充実したものにしましょう。

後悔しないために

多くの人が残される家族達に迷惑をかけたくないと生前整理をする人が増えました。業者に頼んでプロに部屋を掃除してもらう事で部屋も心もスッキリします。もちろん、残しておきたいものはしっかり残す事もできます。